menu

「健康」をテーマに、医療、福祉、介護、育児などくらしに役立つ情報提供を行う制作会社です

&PEN

  • TOP>
  • &PEN>
  • 激しいめまいをくり返す メニエール病

激しいめまいをくり返す
メニエール病

 めまいがおきる原因の約6割が耳の病気だといわれており、そのうちもっともよく知られているのがメニエール病です。

 メニエール病は30~40歳代の女性に多く、グルグルと目が回る感じのする回転性めまいをくり返します。平衡感覚に異常が生じて、難聴、耳鳴りなど聴力に異常をきたす症状が長時間続くことがあります。

 原因ははっきりしていないのですが、内耳の蝸牛(かぎゅう)に満たされているリンパ液の代謝が悪くなり、内耳の圧力が上がるためといわれています。内耳には平衡感覚を司る三半規管や前庭などの器官があります。内耳の圧力が上がると、それらの器官の働きが乱れて発作的なめまいがくり返しおこるのです。

主な症状

  • ●めまいが20分~半日間程度続く
  • ●片方の耳の聞こえが悪くなる
  • ●発作的なめまいをくり返す
  • ●難聴・耳鳴り・耳閉感をともなうことがある
  • ●吐き気、冷や汗がおきる

 再発をくり返すと症状は悪化し、治療期間が長引いたり、耳鳴りや難聴などの後遺症が残ることがあります。上記のような症状がよくおこるようなら早めに耳鼻咽喉科を受診することをおすすめします。

 メニエール病はストレスや過労、睡眠不足などが関係しているといわれています。予防や再発防止のためには十分な睡眠と休息を心がけて規則正しい生活を送り、軽い運動をすることなどが重要になってきます。

 生活改善だけで効果がみられない場合は、回転性のめまいとそれにともなう吐き気や嘔吐を抑える薬を処方してもらいます。また三半規管にたまったリンパ液を排出するために利尿薬を使用することがあります。

 メニエール病は症状が重くなると仕事などに支障をきたし、治療に時間を要します。悪化を防ぎ、早く回復するためにはふだんから疲れやストレスをためないことが大切です。

関連記事

関連書籍のご紹介

ページ先頭へ